白河文化交流館 コミネス

「日本舞踊を学ぶ」ワークショップ参加者募集

WS

「日本舞踊を学ぶ」ワークショップ参加者を募集します

 国際的な文化交流の機運が高まるなか、あらためて日本の伝統芸能、伝統芸術である「日本舞踊」を学び、体験するワークショップを開催します。大人から子どもまで幅広い年齢層が楽しみながら、日本舞踊とそのなかで育まれた美しい所作、礼法等を体験的に学び、それらを表現する力を養成します。成果発表の場として、コミネス大ホールで発表会も開催します。

ワークショップ・成果発表会の内容


◆第1回 1月18日(土)15:00開始/16:30終了 会場:コミネス第2練習室
     正しい正座の仕方・正座からの立ち座り・摺り足の稽古と長唄「寿」の歌詞の解説と実演
◆第2回 1月25日(土)15:00開始/16:30終了 会場:コミネス第2練習室
     正しい扇子の使い方と長唄「寿」の稽古
◆第3回 2月 1日(土)15:00開始/16:30終了 会場:コミネス第2練習室
     長唄「寿」の稽古
◆第4回 2月15日(土)15:00開始/16:30終了 会場:コミネス第2練習室
     長唄「寿」の稽古
◆成果発表会 2月22日(土)15:00開始/16:00終了 会場:コミネス大ホール ※リハーサル 13時00分から14時30分まで
       参加者による長唄「寿」の踊りと中川雅寛氏が代表的な長唄「老松」を踊る
       なお、成果発表会は入場・観覧無料です

講師紹介

中川 雅寛 氏(日本舞踊家/中川流家元)
 宮城県仙台市出身。
 歌舞伎俳優であり人間国宝の坂東玉三郎丈の私塾に最年少で合格し8歳で上京。
 日本舞踊を中心に舞台全般を学ぶ。
 日本舞踊を坂東玉三郎丈・藤間勘そめ師に師事する。
 東日本大震災後に故郷を想い帰郷し、様々なテレビ番組、舞台に出演。
 白河市では、白河戊辰150周年記念事業・舞台公演 新作楽劇「影向のボレロ」(平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事
 業)、白河ジャパネスク 能/オペラ「SO-MON」(平成31年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業)に出演。中川雅寛(新)                                                                                               ©T.Kashihara

募集内容

募集期間 令和元年12月1日(日)から令和2年1月6日(月)まで
募集人数 受付先着20名
参加費  1名あたり800円(全日程分)※お客様のご都合によるキャンセルは、返金できかねます。予めご了承ください。
応募要件 (1)ワークショップ全4回と成果発表会の全日程に参加いただける方
     (2)足袋を持参いただける方

応募方法

募集チラシの申込み用紙に必要事項を記入の上、参加費と併せてコミネスまで提出ください。
※募集チラシ〈こちら〉

主 催

白河文化交流館コミネス

後 援

白河市、白河市教育委員会

お問合せ

白河文化交流館コミネス ℡ 0248-23-5300