白河文化交流館 コミネス

ジャコバン国際ピアノ音楽祭2019in白河

 

IMG_3025-min
artiste-jean-baptiste-fonlupt_01_4c remi-panossian-cut_4cジャン=バティスト・フォンルプト                                     レミ・パノシアン

開催日


2019年11月9日(土)―10日(日)
11月9日(土)
①13:30 「レミ・パノシアン ジャズの真骨頂!」
②15:30 「ジャン=バティスト・フォンルプト リストを弾く!」

11月10日(日)
③13:30 「ジャン=バティスト・フォンルプト ショパンを弾く!」
④15:30 「レミ・パノシアン~フランスでもっとも熱いジャズ!」
まちなか音楽ウィーク リーフレットA面
まちなか音楽ウィーク リーフレットB面

会 場

白河文化交流館コミネス大ホール

チケット発売日

友の会会員先行 8月5日(月)
一 般     8月14日(水)

出 演

ジャン=バティスト・フォンルプト
1976年生まれ。6歳でピアノをはじめ、13歳でメンデルスゾーンのピアノ協奏曲でデビュー。パリ国立音楽院を卒業後、ベルリンでミカエル・エンドレスに師事、ドイツ音楽の研鑽を積む。レパートリーはバッハ一族をはじめとするドイツ・バロック期の鍵盤音楽から、ドイツ・ロマン派、近現代音楽までと幅広いが、特に、フランツ・リストのスケール感の雄大な演奏には定評がある。レコーディングでは、CPEバッハ、シューマン、ショパン、リストなどの知られていない作品の録音、普及に努め、フランスの音楽雑誌などでも、意欲的な挑戦と高く評価された。ソロ、オーケストラとの共演、室内楽などの演奏活動のほか、ヨーロッパ各地、ロシアなどの主要なピアノ音楽祭にも頻繁に招かれるなど、いま、フランス音楽界の次世代を担う気鋭のピアニストとして、もっとも注目を浴びているひとりである。

レミ・パノシアン
いま、フランスの現代ジャズシーンを代表する注目の若手ピアニスト。1983年3月7日、フランス・モンペリエ生まれ。7歳でピアノをはじめ、ミッシェル・ペトルチアーニのコンサートで衝撃を受けて、ジャズに夢中になる。15歳、モンペリエのJAMで、音楽理論、即興演奏、ジャズの歴史を学び、その後、トゥールーズで、音楽学と、ジャズ即興演奏でディプロムを取得し、本格的な演奏活動に入る。マキシム・デルポーテ(ダブル・ベース)、フレデリック・プティプレズ(ドラム)とトリオを結成し、発表したアルバムはベストセラーになり、世界のトップジャズプレイヤーの仲間入りを果たす。トリオは、7年間で、約30カ国、計350以上のコンサートを行った。これまでに、東京、モントリオール、ジャラズム、台中、バンクーバー、メキシコユーロジャズ・フェスティバルなど、世界各地の主要ジャズ・フェスティバルからたびたび招待されている。日本では、2011年の東京ジャズ・フェスティバルの成功で大きな注目を集め、一躍人気ピアニストの仲間入りをはたした。2018年には、日本(東京・鎌倉・岐阜)で開催されたジャコバン国際ピアノ・フェスティヴァルの招待ピアニストとして再来日。その圧倒的な演奏は大きな称賛を浴びた。

 

料金

●7/29料金設定を変更いたしました。
全席自由 各回:1,000円(税別)

お得なセット券:3,000円(枚数に限りがございます)
※コミネスで行われる11/3「ボローニャ歌劇場弦楽五重奏~東京音楽コンクール入賞者とともに~」、11/4「カントォーネ&シャンソン」、11/9-10「ジャコバン国際ピアノ音楽祭2019in白河」をすべて鑑賞することができます。

<託児サービスあり(有料)公演日一週間前までにご予約下さい>

チケット取扱い

白河文化交流館コミネス
(受付時間 9:00~20:00 火曜日休館)

ネット予約 http://www.cominess.jp/ticket-2

主 催

白河市、白河文化交流館コミネス

お問合せ

白河文化交流館コミネス ℡ 0248-23-5300