白河文化交流館 コミネス

白河戊辰戦争150周年記念事業 楽劇「影向(ようごう)のボレロ」出演者募集!!

サイト用 ボレロメインwebbeyond 2020 認証/平成30年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業 採択
白河戊辰戦争150周年記念事業
市民総参加型舞台 楽劇「影向のボレロ」出演者募集

 平成30年度は、白河戊辰戦争150周年の年です。この節目の年を記念し、今年度白河市では、多彩な事業を展開しています。
この記念すべき年(年度)を締めくくる事業として、白河文化交流館コミネスでは、2019年3月24日にプロの演奏家や役者・ダンサーの方々と市民の皆さんが一つになり、白河オリジナルの舞台を創り上演するという計画を進めています。
本作品は、地元白河にお馴染みの「白河盆踊り」や、戊辰戦争最大の激戦地となった白河小峰城をめぐる攻防戦の様子などを盛り込みながら、歴史の狭間に生きた地域の人々、白河の人々に焦点をあて、脈々と受け継がれてきた「仁の心」を採り上げた内容です。
しらかわ地域の文化の歴史に新たな1頁となる本作品を、市民の皆さまと共に楽しみ成功させるべく、現在、この舞台へご出演いただく方々を広く募集しています。
記念の舞台を通じて、プロのアーティストたちと「歌い」「踊り」「演じる」という貴重な体験ができる又とないチャンスです。この機会をお見逃しなく!!


公演日

2019年3月24日(日 )

開 場

13時00分

開 演

14時00分

会 場

白河文化交流館コミネス 大ホール

応募要領


■募集内容

次の部門で、参加者を募集します。
(1)群衆・民衆役部門  (2)兵士・侍役部門
■定  員
(1)部門…50名程度  (2)部門…40名程度
■募集条件
各部門で異なりますので、以下をご確認ください。

(1)群衆・民衆役部門……12歳~70歳までの健康な男女で、脚本を自力で読み、自力で動ける方ならどなたでも参加可能です。
※舞台で、歌を歌ったりする役ではございません。

(2)兵士・侍役部門……13~60歳までの健康な男性で、脚本を自力で読み、簡単な台詞を声に出し、自力で動ける方。
※演技経験の有無は問いません。
※スポーツ・武道等の経験者や演技経験者は優遇します。

(3)部門共通の条件……① 平成31年3月24日(日)の本番及び、その前日に行なわれる公開ゲネプロに参加できる方。※必須条件です。
② 各部門毎に稽古日を設定しますがその稽古に8割以上参加できる方。

※稽古は、平日の夜間ないし、土・日・祝日の昼間に設定する予定です。
(平成30年11月から稽古開始予定です)。

※会館付属のコミネス混声合唱団のメンバーは、歌(合唱)および、群衆シーンの群衆役として参加を予定しています。

※詳細は白河文化交流館コミネス(☎0248-23-5300)まで、お問い合わせください。

■参 加 費
無 料
※稽古時の飲食物・稽古会場までの交通費などは参加者ご自身でご用意・ご負担ください。

■申込方法
所定の申込用紙に必要事項を記入いただき、白河文化交流館まで
ファクス・メール添付または直接来館のうえお申し込みください。
※高校生以下の方の参加は、保護者の同意が必要です。
※台本は、説明会開催後にお渡しいたします。

募集要項応募申込書はこちらからDLください。

■応募期間
平成30年9月1日(土)から10月31日(水)20時まで ≫≫≫ 募集期間延長中…11月30日(金)20時まで
■指 導 者
各部門の指導者は、以下のとおりです。

(1)群衆・民衆役部門…中村明日香(多面体表現者・女優)

(2)兵士・侍役部門……十文字律子(しらかわ演劇塾代表・女優)
金澤 眞(俳優・演劇集団「独騎の会」および劇団「KMC」主宰・殺陣指導)

■稽古について
応募者の方々と指導者の先生方と調整のうえ最終決定となります。

公演にむけて、最低10回(10日)以上の稽古を行ないます。

(日程は決まり次第、コミネス通信の紙面や会館のホームページ等で公表します。)

お問合せ

■申込・問合せ先

白河文化交流館コミネス(指定管理者:NPO法人カルチャーネットワーク)事業課内
楽劇「影向のボレロ」参加者募集係 (担当:末永)
住所:福島県白河市会津町1番地17
電話:0248-23-5300/Fax:0248-23-5315/e-mail:jigyou@cominess.jp